高次脳機能障害とは

高次脳機能障害とは

高次脳機能障害」の「高次脳機能」とは、人間ならではの高度な脳の働きで、注意を払ったり、記憶・思考・判断をおこなったりする機能を指します。これらの機能を失ってしまうのが「高次脳機能障害」です。

事故などによる脳の外傷や脳疾患などを原因として、脳が損傷されたことによって引き起こる障害です。

目に見える傷病ではないから分かりづらい障がい

この障害は「目に見える傷病」ではないので、その苦しさが他の人からはわかりづらく、また、本人としても障がいを受け入れがたいという特色があります。

主な症状

記憶障害

記憶には出来事を覚えておく力「記銘力」と、覚えたことを思い出す「想起力」がありますが、高次脳機能障害の場合は「記銘力」に影響が出ることが多いようです。

物の置き場所を忘れる
新しいできごとを覚えられない
同じことを繰り返し質問する

注意障害

集中力が低下し、ひとつのことに注意を向け続けることが難しく、すぐ周りの環境に気を取られていまい、同時並行で作業することができなくなったりします。

ぼんやりしていて、ミスが多い
ふたつのことを同時に行うと混乱する
作業を長く続けられない

遂行機能障害

自分で計画を立てた物事を実行できない
人に指示してもらわないと何もできない
約束の時間に間に合わない

社会的行動障害

感情のコントロールが困難になり、状況に応じた行動がとれなくなってしまいます。すぐにイライラしたりして、対人関係に支障をきたします。

興奮する、暴力を振るう
思い通りにならないと、大声を出す
自己中心的になる

これらの症状により、日常生活または社会生活に制約がある状態が高次脳機能障害です。

原因

高次脳機能障害になるのは、脳卒中や頭部外傷、脳炎、低酸素脳症など、「脳組織にダメージを与える」病気や事故などが原因で、後遺症として麻痺や言語障害などと一緒に、または単独で起こります。

高次脳機能障害に関するリンク